HOME » 当社実績

当社実績

コンベンション施設運営に関する当社の実績

当社の前身となる情報伝達研究所は、以下に示す施設運営について、事業計画、運営方針の立案、開業準備支援、開業後の改善指導等の実績を有しております。

日本コンベンションセンター(幕張メッセ)

(メッセ開業前)
当社職員が在職した会社にて、昭和56年度から開業年の平成元年まで、以下の業務を専任担当いたしました。

  • 成立可能性調査策定=JETROが委員会を組織し、調査実施
  • 基本構想策定=千葉県が施設、運営に関する基本構想を策定
  • 日本プロジェクト産業振興協会の千葉県への協力関係を調整
  • 千葉県メッセ推進協議会事務局=県、地元経済3団体との協議会の設立、運営
  • 自民党千葉県連メッセ部会へのレクチャー、海外視察団コーディネート
  • 千葉JC、ほか地元への啓蒙活動=勉強会講師
  • 日本展示会主催者団体協議会(現在の日本展示会主催者協会)との交渉
  • 展示会主催者、ホテル事業者への誘致可能性打診活動
  • 施設基本設計、実施設計に対する運営蔓からの与件提示および検証業務
  • メッセ経済波及効旺分析
  • レストラン、ケータリング、自販機他、施設関連専門業者選定基準の作成、協力会社の発掘
  • 協力会社制度による付帯事業収入算定
  • メッセ運営会社の事業収支
  • 事業化から開業に至る広報活動=パンフレット作成、シンポジウムコーディネート、業界誌他メディア対応、開業記念イベント策定、他
  • 開業前、運営主体職員研修
  • メッセの最終施工図の確認業務=施設、設備、交通動線、他全箱(モーターショー事務局として)
  • 開業時の消防(二階建ブース、小間レイアウトと避難通路)、警察(交通規制、道路占有許可ほか)、NTT(臨時電話、ISDN、他)、KDD(国際テレビ会議)他の申請、調整業務(東京モーターショー事務局として)

(メッセ開業後)
メッセ開業後は当社の前身となる情報伝達研究所が引続き下記業務を担当しました。

  • モーターショー事務局として施設運営および運営アドバイス(継続中)=情報通信、音響測定、他。
  • メッセ情報機械室アドバイザー業務=主催者、出品者からの情報通信、映像音響システムなどの設備要求に対し、施設側から業務提案。メッセのCATVシステムとメッセ周辺のホテルCATV間の接続。メッセ初のインターネット会議生中継の企画運営。衛星通信を介した簡易テレビ会議の企画、運営。
    それら現場運営をもとに施設設備改善計画を提示。
  • 現地システムコーディネータ、イベントコーディネータ育成=県内在住スタッフを発掘。メッセ会場内でOJTにて育成。
  • 幕張メッセ2期拡張計画策定=主催者満足度調査(課題抽出、施設設備改善事項抽出を含む)
  • 幕張メッセ2期計画の設備計画指針提示、監修
  • 幕張メッセ2期計画に資する幕張メッセ都市のグランドデザイン策定
  • メッセ将来ビジョン委員会委員
  • 中期経営計画見直しに関する助言指導

神戸スーパーコンベンションセンター(仮称)

平成3年度から神戸市は第2国際会議場の事業化を進めていましたが、不幸にもその事業化を目前にして阪神淡路大震災がおきました。人々の努力により街は見違えるように元気を取り戻したかに見えます。またコンベンション都市としても関係者の努力により復興を遂げています。震災後は、民間による建設所有、経営、運営を主旨としたPFIの導入を前提に多目的大規模展示場の事業検討が市当局と民間各社の間でおこなわれました。近い将来の実現が期待されるところです。当社の前身となる情報伝達研究所が以下の業務を受託実施しました。

  • コンベンション都市神戸の将来ビジョン策定=ユーザー調査、都市ビジョンの策定
  • 神戸第2国際会議場基本構想策定=会議場およびホテル事業構想、敷地選定、他
  • 神戸第2国際会議場基本計画策定=会議場およびホテル事業計画、施設計画、他
  • スーパーコンベンションセンター施設構想、事業構想の策定
  • スーパーコンベンションセンター事業構想に関する庁内調整用資料作成、レクチャー
  • スーパーコンベンションセンター事業構想に関する関西経済連合会説明
  • 民間コンソーシアムにおけるスーパーコンベンションセンター事業プラン作成、他

かずさアカデミアホール(かずさアーク)

当社の前身となる情報伝達研究所が、平成3年から開業年まで、主に、管理運営面からの施設設備設計に関する与件提示、設計監修、そして運営計画と開業準備支援業務を担当しました。

  • 管理運営基本計画策定=施設、サービス、価格、組織体制方針
  • 施設設計に対する管理運営主体としての与件提示、検証業務
  • 設備、什器、備品計画に対する管理運営主体としての与件提示及び購入リスト作成
  • 設備設計に対する主催、運営側からの検証業務
  • 映像、音響、情報通信システムに関する概念設計と設計監修
  • サイン、インフォメーション計画の与件提示と検証
  • 広報計画策定と広報事業アドバイス
  • 第三セクター、行政担当者、設計者間調整会議の運営
  • 学会など開催プログラムシミュレーションによる動線検証
  • 地元コンベンション資源発掘のための現地踏査、主催者用メニュー提案
  • 第三セクター用運営マニュアルの作成
  • 現地説明会、都内施設説明会、内覧会等の企画、職員接遇評価
  • 職員研修の実施、京都国際会館への職員派遣斡旋
  • 三セク管理インターネットシステムの事業化方針作成、合わせてインターネット研究会開催

福島県立産業見本市会館(ビッグパレットふくしま)

当社の前身となる情報伝達研究所が、平成3年度から開業年まで福島県、郡山市、設計者より以下の業務を受託いたしました。

  • 基本構想策定
  • 基本計画策定=施設計画、事業計画、誘致誘客計画他
  • 地元市場調査=地元商工団体、他の蔓接取材、意識調査、戦略提案
  • 設計提案協議発注与件の整理
  • 公開設計競技審査委員(当社代表)
  • 県、郡山市、地元経済団体による対策委員会構成、事務局運営
  • 地元商工会議所内コンベンション部会研究会運営=ホテル、飲食、交通運輸、展示装飾業代表者会議の運営
  • 地元コンベンション資源発掘のための現地踏査、提案
  • 地元啓蒙普及活動=商工会議所、郡山コンベンションビューロー主催セミナー等講師
  • 郡山市のコンベンション都市戦略策定
  • 郡山コンベンションビューロー発行のPRパンフレットの監修
  • 基本設計、実施設計に関する管理運営側からの与件提示および総合監修
  • 設備設計、什器備品、サイン計画に関する管理運営側からの与件提示および総合監修
  • 映像、音響、情報通信システムに関する概念設計と設計監修

富山国際会議場

当社の前身となる情報伝達研究所が、平成7年から平成11年度の開業に向けて再開発事業者および、管理運営会社から広範な開業準備、管理運営主体支援業務を受託し、現場指導主体の業務を行いました。

  • 管理運営基本計画策定=標的市場、施設、サービス、価格、組織体制等に関する方針、他
  • 第三セクター、行政関係者間定期戦略会議開催運営
  • 市庁内連絡会議設置支援、司会進行担当
  • 広報事業全般に関する総合監修(インターネット、広報誌、パンフレット、CI、VI他)
  • 地元商工団体、JC、地元商店会、主要ホテル、市民団体等へのPR、協力支援要請、協議
  • 会議場サポートビジネスに関する地元関連業界からの提案要請
  • 富山コンベンションビューロー会員への説明、ビューロー営業活動時のサポート
  • 施設基本設計、実施設計に関する管理運営側からの与件提示、総合監修
  • 設備設計、什器備品、サイン計画に関する管理運営側からの与件提示および総合監修
  • 備品・什器購入計画の検証、助言・指導
  • 情報通信設備に関する設計方針提示、NTT、地元テレビ局との運用に関する調整ほか総合監修
  • 第三セクターOAシステムのシステム設計、設置指導
  • 第三セクター会社常駐イベントコーディネータの現地発掘、研修、派遣、業務行程管理
  • 地元専門業者各社の発掘、評価。常駐委託業務発注与件の助言指導
  • 東京および富山県内会議場利用者への説明、提案営業
  • エキスカーション、アトラクション他、「癒しのくに富山」メニュー開発、実施指導
  • 開催決定済み学会、会議主催者への開催準備支援、アドバイス業務
  • ギャラリー空間の販促企画、提案営業マニュアルの作成
  • 地元地方新聞、テレビ局などへの報道説明会参加、協力要請活動支援
  • 開業記念イベントのコンペ応募要綱作成、第三セクターおよび主催事業者との実務委員会監修
  • ロゴマーク、愛称、公募要綱の指導、審査委員
  • 開業記念市民利用促進キャンペーンイベントの要綱作成、事業企画
  • 施設利用マニュアルの作成指導
  • 開業準備事務局業務全般の行程管理、要員訓練
  • 電光掲示板のシステム設計と設置、運用指導
  • 竣工受渡後の設備、備品の設置指導、動作確認、職員指導
  • 竣工受渡後、開業時の主催者支援、現場立会い、サービス改善指導、他

東京国際展示場(東京ビッグサイト)

東京ビックサイトが開業後3年を経過した時点で、顧客満足を裏付けに施設、サービス、組織改善と経営計画の見直しに関する支援業務を、当社の前身となる情報伝達研究所が実施しました。

  • 開業後の情報通信設備の運営コンサルタント
  • 開業後の情報通信関連設備改善計画の提示
  • 開業3カ年の総括調査
  • 中期経営計画作成支援業務
  • 国際会議場設備、備品更新計画
  • 顧客満足向上の為の主催者実態調査(通年常駐業務として実施14年完了)
  • 情報通信設備システムの活用推進調査(同上、14年完了)、他

朱鷺メッセ(新潟国際コンベンションセンター)

平成15年春開業をめざす当該事業は、本格的な国際会議場と7,800㎡の展示場、ホテルからなるコンベンション3点セットです。当社の前身となる情報伝達研究所は、平成10年度から開業まで、建築設計に対する管理運営側からの指導、助言と第三セクターによる事業推進支援業務を実施しました。

  • コンベンション管理運営基本方針策定業務
  • コンベンション管理運営基本計画策定業務
  • 同上業務委託先選定に関する公開競技への参加、当選
  • コンベンション施設実施設計等支援業務
  • 地元関連業界の取材および研究会実施開催
  • コンベンション運営計画策定支援業務
  • コンベンション経済波及効果分析調査の助言指導
  • 地元専門学校生に対するコンベンション現場業務インターンシップ制度の実施
  • 地域主導型コンベンションに関する研究調査
  • 地元のコンベンションビジネス研究会発足支援と委員としての参加
  • 開業準備指導員の派遣による施設設備検証と主催者支援、スタッフ指導

福岡国際会議場

福岡国際会議場は平成15年春、九州初の医学会総会開催をめざして事業化されました。会議場が完成すると既存のマリンメッセ総合展示場、福岡国際センター、福岡サンパレスとともに、ウォーターフロント地区の一大コンベンションゾーンを形成します。当社の前身となる情報伝達研究所が、平成11年度から管理運営に関する以下の支援業務を実施、平成15年3月に無事開業を迎えました。

  • 基本設計、実施設計、備品設備計画に対する管理運営面からの検証、助言指導
  • 2003年医学会総会(開業記念事業)主催者との調整
  • 管理運営体制の検討支援
  • 営業戦略に関するあり方検討
  • 地元主催者、業界ニーズ把握のための現地調査
  • マリンメッセゾーン全体構想策定に関する助言指導、他
  • 情報設備等、設備システムに関する現場検証

東京ミッドタウン ホール&カンファレンス

東京ミッドタウン イースト棟地下1階にある東京ミッドタウンホールと、タワー棟4階に位置するミッドタウンカンファレンスは、2007年(平成19年)4月に開業しました。
当社の前身となる情報伝達研究所が、2002年(平成14年)より、同施設の設計監修ならびに事業化計画の立案を開始し、2005年(平成17年)より施工現場常駐を開始、施工現場における各種調整業務を遂行しながら、併せてマーケティング・セールス業務を担当しました。開業後も、オーナー様より運営業務を受託し、今日まで多くのお客様にご利用いただいております。2016年4月より株式会社あいわすが、情報伝達研究所より運営業務を継承しております。

  • ホール&カンファレンス会場の基本設計、実施設計監修業務
  • VE・コストダウンに関するアドバイス業務
  • ホール&カンファレンス会場の管理運営方針他の立案
  • コンベンションの設備システムの監修
  • コンベンションの音響設備に関する技術協力
  • ガレリア(商業空間)、ライブレストランの音響設備に関するコンサルティング
  • 設備・什器・備品設計・導入計画の監修
  • 事業収支シミュレーション
  • 施工現場における各種調整業務
  • 現場常駐体制でのマーケティング・セールス業務
  • 管理運営体制の立案、スタッフ募集・訓練等、開業準備業務
  • 開業後のマーケティング・セールス業務
  • 開業後の施設管理運営業務一式

柏の葉カンファレンスセンター

つくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅前に展開する「柏の葉スマートシティ」の交流拠点として、本施設は2014年7月に開業いたしました。当社の前身となる情報伝達研究所が2008年度(平成20年度)より、同施設の設計監修ならびに事業化計画の立案を開始。さらに2013年(平成25年)より現場常駐を開始し、施工現場における各種調整業務を遂行しながら、併せてマーケティング・セールス業務を担当しました。開業後は、会場内の事務所で職員常駐のもと運営業務を受託し、地域に密着したサービスとおもてなしをモットーに、今日まで多くのお客様にご利用いただいております。本業務につきましても、2016年度より株式会社あいわすが、業務を継承しております。

  • ホール&カンファレンス会場の基本設計、実施設計監修業務
  • VE・コストダウンに関するアドバイス業務
  • ホール&カンファレンス会場の管理運営方針他の立案
  • コンベンションの設備システムの設計監修
  • 設備・什器・備品設計・導入計画の監修
  • 事業収支シミュレーション
  • 施工現場における各種調整業務
  • 現場常駐体制でのデスティネーションならびにベニューマーケティング・セールス業務
  • 管理運営体制の立案、スタッフ募集・訓練等、開業準備業務
  • 開業後のマーケティング・セールス業務
  • 開業後の施設管理運営業務一式

コンベンション施設運営に関するその他の主な実績

以下の施設につきましては、当社の前身となる情報伝達研究所が業務を受託実施しました。
(施設名/受託先/主な業務内容/期間)

  • 東京ステーションコンファレンス/民間/実施設計・変更実施設計の平面計画、設備什器備品設計等に関する技術指導・助言、事業計画への指導助言/平成16,17年度
  • 秋葉原コンベンションセンター/民間運営者/実施設計・変更実施設計の平面計画、設備什器備品設計等に関する技術指導・助言、事業計画への指導助言/平成15,16年度
  • 上海国際会議場/現地政府担当部門、民間システムインテグレータ/備品、設備導入計画に関する指導助言/平成9年度
  • 台北世界貿易センター(台湾)/台湾政府、現地設計事務所/新展示場事業企画/平成8年度
  • 札幌国際会議場(仮称)/札幌市、地元シンクタンク/企画指導、助言/平成8年度
  • 鳥取県立見本市会館/鳥取県、設計事務所/基本設計の技術指導/平成6年度
  • 東京国際フォーラム/民間シンクタンク/飲食施設の事業計画に関する技術指導/平成5年度
  • 幕張メッセ増築/民間シンクタンク/増築部分の基本計画作成/平成4~5年度
  • 札幌テルメインターナショナルホテル会議場施設/民間/設備設計の現場技術指導および開業準備指導(社員研修を含む)/平成4~5年度
  • パシフィコ横浜/第三セクター/開業後の施設改善、業務改善指導/平成4年度
  • ロイトン札幌/民間/基本設計の技術指導/平成1~2年度
  • 大阪臨空タウンコンベンション・ホテルコンプレックス/民間コンソーシアム/基本計画の技術指導/平成1年度